株式取引の心理学入門
 
株式取引の心得、初心者のための心理学入門です
 


株式の出来高が投資家に与える心理的影響

株式の出来高というのは、その銘柄の取引数です。
出来高が多い株は、それだけ多くの人が取引しているという事ですね。株式市場が低迷すると、この出来高が極端に少なくなります。それは株式取引を行う人が激減する為です。

こうなると、大きな株価の増加は望めません。
消極的=保守的だからです。逆に、大きな下落はあり得るので、注意が必要といえます。
つまり、株式市場の景気は出来高に左右される部分が大きいのです。

これを心理学的な見解から見ていきましょう。
一人の個人投資家が、本日の9時に株取引を開始するとします。通常、株式市場は開始からの10分が一番盛り上がります。その時の出来高の動きによって、その日の活気がわかるくらいです。

ですが、実際には最初の5分、あるいは3分で大体の流れはわかります。なぜなら、出来高の動きがすぐわかるからです。
最近のチャートは、出来高をグラフ化しているので、出来高の数がビジュアル的にすぐ判断できます。
これが、株式市場に大きな影響を与えるのです。

出来高が少ない株は、トレード上不人気銘柄という事になります。つまりは、出来高はいわゆる人気投票なのです。
人気投票のランキングというのは、心理学的に見ても、ランクが低いものはさらに人気がなくなり、高いものはさらに人気を獲得しますよね。それと同じ心理が、その銘柄に表れるのです。

そうなると、高い値段で買おうという人は出てこず、それを予見して投資家はその銘柄を敬遠します。
心理学的な部分での基礎と言える、追従が発生するわけです。



12/28(月) | 仕事 | 管理

この記事へのコメント投稿はできない設定になっています
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買